【自転車】その3 初級キャノンボールやってきました! 2日目

こんにちは!!

 

ま〜さですƪ(˘⌣˘)ʃ

 

今回の記事は初級キャノンボールの2日目、キャノボとは関係ないですが本来のメインでもある伊勢での行動と、名古屋から伊勢までの動きをまとめたいと思います。

 

前回が名古屋市緑区有松にあるゲストハウスMADOに泊まったところまでだったと思います。

前の記事を見てからの方がつながるかと思うのでよければそちらもご覧ください。

 

canyon-masa.hatenadiary.jp

 

 

 さて、2日目にあたる8月12日日曜日が始まります。

8:00くらいに起きてゆっくりまったり準備した記憶があります(´・Д・)」

 

朝ごはんをいただく。

コンビニやスーパーばかりだった初日では考えられない人の手で作られたご飯うまかった( ✌︎'ω')✌︎

 

f:id:canyon-masa:20180905214150j:plain

 

夜は体が火照ってしまって寝つけませんでしたがなんとか冷やして水をがぶ飲みして1時前には寝付けたと思います。

もし夏にキャノボなりロングをやるとしたらアームカバーは必須アイテムとなるかもしれませんね。。。

 

さて2日目のルートはざっくり言うと1号で四日市まで行きそこから23号で伊勢まで向かう形です。

四日市など栄えている区間はトラックが多いとのことで途中まではいくらかマシな1号を使うことにしました。

 

そんなこんなで10時に出発して1号で伊勢に向かいます。

f:id:canyon-masa:20180905214911j:plain

この時は夜のお風呂であんなことが起きるなんて。。。(こう言うのやりたかったやつ)

 

さてさて走り始めて45分くらいかな?

 

名古屋の下の方で「名古屋にきたなぁ〜〜」なんて

 

名古屋といえばと言っていいのかわからないけれど私には名古屋の道路は白いイメージがある。

 

あるよね??

f:id:canyon-masa:20180905220952j:plain

10:37

道路が白い〜!!

なんて言って走ってたら雨が降ってきたまる

 

どっかでやり過ごしますかー?  なんて話しながら進む国道1号

結構いい感じで進めるんだよねこの辺。

なんせ海が近いってのもあるけどずーーーっと平坦。しかもなんか気持ち程度ではあるけれど下り基調な気がした。

 

だーっと行って

f:id:canyon-masa:20180905221827j:plain

12:50

近鉄川越富洲原の近くの手打ちめん処 玉屋 できしめん大盛り〜!!

確か1200円あたりだったかなぁと

体温も下げることができたしお腹に蓄えることもできた、地物食べれてよかった!

 

そんでこの後は23号で南下していきます。

 

とかいってどこだっけな、確か津のあたりでゲリラに降られた。

コンビニで補給しながらレイン着たりルート確認したりしたなー(もうかなり前であんま覚えてないってのはある)

 

ずーっとまっすぐで単調な道で自転車不通区間みたいな見た目ではあるねww

 

f:id:canyon-masa:20180905231027j:plain

16:29

これ確か松坂あたり後ちょっと..!

みたいな雰囲気でペースをカチあげていくゥ〜〜!

34くらいで走ってた希ガス

 

言うてもあんまり写真とってなかったのか

やっぱ疲れは溜まってたのかなぁ

それとも不通に寝不足かなぁ

 

今写真を見返していると結構色々その時々の感情は思い出せるもの。

 

f:id:canyon-masa:20180905231235j:plain

17:46

本日のお宿に到着〜〜!

やはり286km走った次の日とはいえ100kmちょいだとなんか物足りない()

とはいえ無事につけてよかった!

伊勢市駅から徒歩で5分とかそのくらいのところにあるゲストハウス、ユメビトハウスにおせわになりました!

なんかアーケード街?的なところにあってそこを改装している感じ。

予約がギリギリになってしまったので残念ながらのむさんとは別の建物に( ´Д`)y━・~~

 

チェックインしてまずはお風呂に行きましょう!ってなり近くの気分で閉めたりする銭湯に一応電話を入れて確認をとってから向かいます。

さぁ冒頭で触れたお風呂の話題、忘れた頃に回収しに来ましたよ〜ww

f:id:canyon-masa:20180906000214j:plain

ここの旭湯さんにいったのだけど雰囲気が本当に銭湯で嬉しくなったよねw

ユメビトハウスに割引券を置いているらしくユメビトハウスのオーナーがハンコを押してくれて少し割引になった。少しだけどでかいね。

 

ただいい感じだったのも風呂のドアを開けるまで。。

 

なんとそこにはシャンプー、ボディソープ等一切備え付けなし!

まさかそこまで銭湯極めていたのかって感じ。

HPには書いてなかったし、電話で聞かなかった私のミスでもあるのでのむさんに謝ると同時に熱々シャワーで油分溶かしましょう!的な提案をしたのを覚えている。

 

ごめんなさい。のむさん。色々と。。

 

水圧の低いシャワーで油やら埃を洗い流し洗面器に溜めたお湯をかぶる。

もはやシャンプーしてないことなんか忘れてたよね。

洗ったかのような雰囲気大切。

 

少しだけお湯に入り、立ちくらみに注意しながらゆっくり立ち上がり水風呂に向かいます。

2日に渡って日に焼けた肌は熱を持ちやけど状態だよな、なんて考えながらおじさんがタブーの頭を洗って潜るのを横目で見ながらしばらく浸かり続けます。

 

ここの旭湯さんはどうやら夫婦岩の近くで毎日海水を汲んできて沸かし、伊勢参りの前のお清めができますよーってのが売りなんだとか。

流石に日焼けがしみるので足先だけで勘弁。

 

18:30だか19:30の夕食に合わせて宿に帰りおじさんやバイトのお姉さんと仲良くなり買ってきたおやつを交換したりして仲良くなりましたとさ。

 

 

 

文字数的に、後はネタの残量的に今回はここで区切ろうかと思います。

いやぁー3回で終わると思ってたんだけどなぁ( ´ ▽ ` )

 

申し訳ないですが、初級キャノボ伊勢旅行編はもう一本仕上げますのでお待ちあれ〜〜〜

 

 

 

それでは今回はこの辺で、アデュ〜ヾ(๑╹◡╹)ノ"